勉強するのに、エビングハウスの忘却曲線は知っておきたい

エビングハウスの忘却曲線を忘却しないで下さい

社会保険労務士試験の勉強においては、とにかく復習が大事ということを前回の記事で述べました。

 

復習の重要性は誰もがわかっています。でもやみくもに復習しても、効率が上がりません。復習の仕方、復習のタイミングというものがあるのです。

 

それでは、どのようなタイミングで復習すれば効率的なのでしょうか?

 

 

ドイツの心理学者であるヘルマン・エビングハウスは記憶の忘却に関する研究を行い、エビングハウスの忘却曲線と呼ばれる研究結果を残しています。

 

この忘却曲線によると、人間は物事を覚えても、次のように忘れていってしまいます。

 

  • 20分後には覚えたことの42%を忘れる
  • 1時間後には56%を忘れる
  • 1日後には74%を忘れる
  • 1週間後には77%を忘れる
  • 1ヶ月後には79%を忘れる

 

一生懸命に勉強したのに、たった20分後に42%も忘れてしまうのです。1日経ったら74%、すなわち覚えたことの4分の3も忘れてしまうのです。

 

これはちょっと悲しい事実です。

 

しかし、この忘却曲線は、一度覚えたことを全く復習しない場合のデータです。ある程度忘れたタイミングでもう一度復習すると、そのときに記憶が強化され、忘れにくくなるのです。

 

その復習のタイミングは、エビングハウスの忘却曲線に沿うならば、まず20分後に1回、1時間後に1回、1日後に1回、1週間後に1回、1ヶ月後に1回ということになるでしょうか。

 

ただ、あまり細かいタイミングで復習するのは現実的ではないでしょうから、私は1時間後に1回(これは任意で構いません)、1日後に1回、1週間後に1回、1ヶ月後に1回というタイミングをお勧めします。

 

復習を重視することが、社会保険労務士試験に合格するためには必要不可欠です。もちろん、どんな試験でも大事なことは、改めて言うまでもないでしょう。

 

エビングハウスもビックリ、常識に反する忘れない記憶法

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識