社労士試験合格に必要なもの(頭脳編)

頭を鍛えて社労士合格。記事一覧

頭を鍛えましょう。その方法があります

社会保険労務士試験は、「有利な条件」の1つとして、頭がいいほうが受かりやすくなるのは確かです。それでは、頭がよくないと合格できないのでしょうか?もちろん、そんなことはありません。試験は「トータル」で勝負が付くものです。他の条件でカバーすればいいのです。そうは言っても、やはり頭がいいに越したことはあり...

≫続きを読む

復習の重要性

社会保険労務士試験の勉強をするにあたって、やみくもに丸暗記しても意味がないということは、こちらの記事で述べました。しかしそうは言っても、最終的にしっかり記憶しておかなければ合格が難しくなるのも確かです。記憶に留める有効な方法は、何と言っても復習することです。復習という勉強は、何となくつまらなく感じる...

≫続きを読む

エビングハウスの忘却曲線で復習を効率的に行う

社会保険労務士試験の勉強においては、とにかく復習が大事ということを前回の記事で述べました。復習の重要性は誰もがわかっています。でもやみくもに復習しても、効率が上がりません。復習の仕方、復習のタイミングというものがあるのです。それでは、どのようなタイミングで復習すれば効率的なのでしょうか?ドイツの心理...

≫続きを読む

速読を試験に使う

社会保険労務士試験など、試験勉強をされている方は、一度は速読に興味をもった方も多いのではないでしょうか。仮に読書速度が2倍になれば、同じ時間で今までの2倍の情報量をインプットできるのですから、速読ができるようになれば試験勉強おいて有利なのは間違いありません。東大・京大などの難関大学の学生は、平均的な...

≫続きを読む

勉強日記をつけましょう

その日は何をどこまで勉強したかについて記録(勉強日記)をつけておくと、いろいろと勉強に役立ちます。まず、勉強日記をつけることで、モチベーションの維持につながります。勉強をしなかった日は当然勉強日記を書けないわけですから、勉強しなかったことについて反省の機会が得られます。また、勉強量が少なかった日も、...

≫続きを読む

指回し体操とは

非常に手軽にできて、頭脳を活性化させる体操があります。それは「指回し体操」と呼ばれるものです。指回し体操は、医学博士の栗田昌裕さんが考案した体操で、いつでもどこでもすぐにできる体操なので、社会保険労務士の試験勉強をされている方はぜひやってみて下さい。体操と言っても、チベット体操のように全身を使う体操...

≫続きを読む

指回し体操について(2)

こちらの記事で指回し体操について紹介しました。その記事では、一番簡単な指回し体操の方法を紹介したのですが、実は指回し体操の方法はそれだけではありません。様々な方法があります。今回はそのうちの1つである、二重回旋法について紹介します。それは、左右両方の指をそれぞれ2本同時に回すというものです。例えば、...

≫続きを読む

知力トレーニングは無料でしましょ。

川島隆太教授の脳トレシリーズは大ヒットしましたね。遊び感覚で脳が鍛えられるということで、多くの方が購入したことでしょう。私も、ニンテンドーDS用の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」を購入してプレイしていました。知力トレーニングは、一時のブームは去ったものの...

≫続きを読む


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識