100回噛んで食べるといいです

食事を100回噛んで食べてますか?

受験はトータルで勝負するものです。社会保険労務士試験も例外ではありません。

 

勉強するにあたって、なるべく病気をせずに健康であるに越したことはありません。

 

健康を害してしまえば、勉強どころではなくなるかもしれません。軽い風邪を引いたぐらいでも、勉強の能率は落ちてしまいます。

 

ここで、今日から実行できるお手軽な健康法を紹介します。

 

 

それは、食事を100回噛んで食べることです。

 

通常、食べ物を100回も噛んで飲み込む方は、ほとんどいません。試しに自分がどれだけの回数で飲み込んでいるか、数えてみるとよいでしょう。30回すら噛んでいない方が多いかもしれません。

 

しかしあまり噛まずに食べ物を飲み込むと、消化するにあたって胃に多くの負担がかかります。それを朝・昼・晩と1日3回も負担をかけていると、次第に胃が弱ってきてしまいます。

 

内臓に負担がかかり続けると、体全体も弱ってきてしまい、胃腸はもちろん、他の部分も病気になってしまいます。

 

食べ物を100回噛んで飲み込んだ場合、すでに口の中で充分に咀嚼した状態で胃に流し込むのですから、胃の負担は軽くなります。

 

そして唾液に含まれる各種の消化酵素も口の中で充分に供給され、ますます食べ物が消化しやすくなります。

 

実際問題として、毎日毎食100回噛むというのは大変かもしれませんが、少なくとも50回ぐらいは噛んで欲しいところです。

 

現在、体のどこかに気になる不調を抱えている方は、100回噛むことを試してみて下さい。

 

体の調子を整えて、社会保険労務士試験に合格しましょう。

 

 

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識