歩くことで体力を維持しましょう。

やはり体力の基本は…

社会保険労務士試験は体力勝負の試験であるということは、以前の記事でも述べました。

 

 

体力維持の基本は、やはり歩くこと。ウォーキングですね。1日1万歩は歩きましょう。

 

歩くことによって、体力がついてきます。ただ歩くだけで体力がつくのか?と思うかもしれませんが、デスクワーク中心だったりちょっとした移動にも車を使っている人は、驚くほど体力が落ちていますので、「歩く」という人間本来の行動を取るだけで、相応の体力が回復するのです。

 

 

また人間の体は、歩くことによって健康が維持されるように作られています。

 

歩くことによって足首がポンプの役割を果たし、ふくらはぎの筋肉が収縮して、血液が循環して全身に流れるのです。

 

 

そして、気分転換にもなることでしょう。社会保険労務士試験合格のためには試験勉強をするのは当然ですが、ずっと試験勉強ばかりでもかえって合格は遠のきます。何事もバランスが大事なのです。

 

頭を使ったら体を使う。体を使ったら頭を使う。そのようにしてバランスを取るようにして下さい。

 

 

関連記事:チベット体操について

 

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識