チベット体操第一の儀式の方法を記載。

チベット体操(第一の儀式)をやってみましょう

社会保険労務士の試験勉強を続けるには、体力も必要であることはすでに何度か述べました。

 

その体力をつけるために、非常に手軽で簡単にできる体操があります。

 

 

それは、チベット体操という体操です。

 

5種類の体操からできており、それぞれの体操を順に数回ずつ行います。

 

始めはそれぞれ3回ぐらいから行い、徐々に回数を増やしていきます。

 

 

「第一の体操」(第一の儀式という言い方もしますが、儀式というほど大げさなものではありません)はこのように行います。

 

まず垂直に立ち、両手を横に伸ばします。手のひらは下に向けます。そしてほんの少しめまいを感じるまで、時計回りに回ります。

 

 

 

 

最初は無理しない程度に、もう少しゆっくり回っても構いません。初めての場合は3回転ぐらいから行いますので、3回転したらその日の第一の体操は終了です。

 

非常に単純な体操なのですが、単純ながらも効果が非常に高い体操です。運動不足の方は、こちらの記事で述べたウォーキングと共に、このチベット体操を組み合わせて行うとよいでしょう。

 

社会保険労務士試験の勉強は、一定期間にわたって継続しなければならないのですから、それを乗り切るためにも体力をアップさせることは重要なことです。体調管理を怠らず、体力アップに努めて下さい。

 

続き:チベット体操(第二の儀式)

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識