過去問は社労士試験勉強の肝です

社労士試験の過去問題集

 

過去問についての重要性は、何度か取り上げました。

 

それにもかかわらず、今回も取り上げます。そのくらい、過去問は重要なのです。

 

平成24年の社会保険労務士試験が終わったばかりで、平成25年度試験に向けて勉強を始める方が多いであろう今の時期に、もう一度過去問についての重要性を述べておきます。

 

 

 

(やっぱり定番の過去問集。2014年度版 i.D.E.社労士塾条文順過去問題集

 

 

 

まず、過去問は試験直前の腕試しに解くものではありません。本試験レベルの知識をインプットするために、早い時期からインプットの素材として使うものです。

 

そして、実際に出題された形式で問題を解くという意味で、アウトプットの素材としても使います。

 

 

過去に出題されたからもう出題されないだろう、だから過去問題集を解いても無駄…と思う方がいるかもしれませんが、それは違います。

 

実際に過去問題集を解いてみて下さい。想像以上に同じ問題が繰り返し問われていることに驚くでしょう。

 

 

別に出題者が問題作成の手抜きをしているわけではありません。社会保険労務士としてぜひ知っておいて欲しいことを出題するのですから、その部分が何度も問われるのは無理もありません。

 

また、受験生なら間違えやすい(でも重要)な部分を出題するので、そのような箇所は自ずと限られてくるため、結果的に繰り返し本試験で問われることになるのです。

 

ですから、まだ時間に余裕のある今の時期から、過去問題集をどんどん解いて下さい。きっと、早いうちに問題を解いておいてよかった、と思える日がくることでしょう。

 

関連記事:IDE社労士塾条文順過去問題集について

 

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識