社会保険労務士試験合格に必要なもの(勉強編)

そんな勉強で合格するの?

 

前回の続きです。

 

合格レベル付近の受験生でも、「受験生ならこれは知っている」というような部分を全部しっかり押さえられている人は、かなり少ないのが現状であり、そのような勉強ができれば他の受験生に差をつけることができます。

 

したがって、隅から隅までおさえる勉強をしなくても、十分に合格レベルまで達することができるのです。

 

 

ただし、このレベルは、「どんな問題が出てもほぼ確実に合格できる」というレベルではありません。2013年度(平成25年)の選択式のような問題が出れば、不合格となってしまう可能性もあるレベルです。

 

もちろん受験生としては、2013年度のような問題が出ても、確実に合格できるような実力をつけたいところでしょう。

 

しかし、現在の社労士試験の問題形式、特に選択式の問題形式からして、そのような実力をつけるには「隅から隅まで勉強する」以外、方法はないのです。

 

そして、その勉強法は、前回言及した通り、「時間対効果」が非常に悪く、しかもマスターできる可能性が低い勉強法です。

 

 

「重箱の隅を問われ、しかもそれが答えられないと足切りに遭うかもしれない」という問題に対抗するための方法として、「重箱の隅を問われてもいいように隅から隅まで勉強する」という方法をとるべきではありません。

 

 

あくまで社労士試験も競争試験であることを念頭に置いて、上位7%程度に入る勉強をして、そして運悪く1回の試験で合格できなくても仕方がない、ぐらいの割り切った気持ちで臨むのがいいのではないか、と思います。

 

試験は年に1回しかありませんし、受からなければまた次回以降に受験しなければいけませんので、できれば1回で確実に受かりたいという気持ちはよくわかります。

 

しかし、膨大な範囲からたった5問、しかも特定の分野が集中して出されることも多い選択式試験においては、勉強時間の関係や精神衛生上、「割り切る」ことが最も重要なのではないか、と思います。

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識