社労士の勉強はこうしてみましょう。

人に教えるつもりで勉強してみる

 

まだ合格していない段階では「受験生」であって、教わる立場・学ぶ立場にあるのかもしれません。

 

しかし、そのような立場にあっても、学ぶ段階で「人に教えるつもりで」勉強することは大変有益です。

 

人に教えるためには、自分が理解していなければ的確に教えることはできません。

 

ですから、理解しようという気持ちがより強くなり、理解度が高まります。

 

自分が、社会保険労務士の試験科目を担当する予備校講師になったつもりで勉強してみて下さい。

 

 

 

社労士の勉強は予備校の講師になったつもりで。

(「はい、ここ出ますよ!」予備校講師になりきって勉強。)

 

 

予備校に通って勉強している方もいると思いますが、予備校講師は担当科目についてはしっかりとした知識を習得しています。

 

講師は、合格者だから知識を有しているというよりは、生徒に教えるために自ら勉強を繰り返しているからしっかりとした知識を有するようになったのです。受験生の段階でそこまでしっかりとした知識を有していたわけではありません。

 

 

社会保険労務士試験の受験仲間がおられる方は、その仲間に教えるつもりで勉強して下さい。そして実際にその仲間に教えて下さい。質問されたらありったけの知識を与えましょう。

 

ライバルに塩を送りたくない、なんていうケチな考え方はしないで下さい。教えることは、むしろあなたにとって大きな恵みをもたらすのです。教えることによって自分の理解が強化されます。また、改めて自分の理解不足が浮き彫りになったりすることで、弱点強化の機会が得られます。

 

人に教えるつもりで勉強して、是非社労士試験に合格して下さい。

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識