社会保険労務士試験における過去問の重要性

とにかく過去問を解いて下さい

試験に合格するためには、過去に出題された問題(過去問)を解くことが大事です。

 

過去問を解くことは試験の王道であり、これからも変わることはないでしょう。

 

過去問を解くことで、試験のレベルが体感できます。自分がどの程度力をつければいいのか、その目安がわかります。

 

また、過去に出題された問題がまた出題されることもよくあります。

 

本試験に出題される問題は、出題者が「ここはわかっておいて欲しい」という部分なのですから、そういう部分が繰り返し問われるのは、ある意味当然です。

 

特に、社会保険労務士試験の場合は、繰り返し問われる頻度が他の資格試験に比べて高いので、過去問は非常に重要です。

 

 

過去問は早いうちに解いて下さい。

 

「一通り勉強が終わってから…」では遅すぎます。

 

勉強を始めてまもない方でも、インプットと平行して解いて下さい。

 

 

また、過去問は何度も解いて下さい。

 

過去問が、今年の本試験における最高の予想問題集なのです。

 

過去問の知識が自分の血肉となるまで、繰り返し解いて下さい。

 

 

過去問以外の予想問題集に手を付けるのは、それが済んだ後で充分です。

 

予備校が作成した予想問題集と、本試験出題者が作成した予想問題集とで、どちらの出題確率が高いでしょうか?

 

 

関連記事:IDE社労士塾条文順過去問題集の優れた出来

 

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識