社会保険労務士試験に合格!

健康保険法の目的条文が改正されています

 

社会保険労務士試験の勉強において、避けて通れないのが法改正ですね。
毎年のように法改正がなされ、しかも法改正がなされた部分が早速その年の試験で出題されたりします。

 

 

例えば2013年度(平成25年度)の選択式試験においては、国民年金法において改正されたばかりの後納制度についてゴッソリと出題されていました。

 

択一で1・2問出題されるだけならまだしも、選択式でまるまる出題されたりすると、いわゆる「足切り」がある関係で、改正法を勉強していなければそれだけで不合格となってしまいます。

 

初めて社会保険労務士試験を勉強した方なら、あまり改正法について意識しなくてもいいのかもしれませんが、前年から引き続き勉強している方は、改正法については意識しておかないと失敗してしまいます。

 

2014年度(平成26年度)出題分についての法改正がいろいろあるので注意しておいて下さい。

 

 

 

毎年法改正がある社労士試験

(毎年のように繰り返される法改正。しっかりチェックしておきましょう)

 

 

 

今回は健康保険法について採り上げます。何と、目的条文(1条)が改正されました。「業務外の事由による」という文言が削除され、代わりに「業務災害(労働者災害補償保険法第7条第1項第1号にいう業務災害をいう。)以外の」という文言に置き換わっています。

 

 

この改正により、健康保険法が適用される場面が広がったことになります。今までの規定だと、労災保険も健康保険も適用されないケースがあったのですが、今回改正されたことにより、労災保険の適用がない疾病や負傷等については、健康保険が適用されることになったのです。

 

この条文(1条)の施行日は平成25年10月1日ですので、2014年度(平成26年度)の社労士試験の範囲となります。

 

この改正はかなり重要な改正ですので、しっかり押さえておいたほうがいいでしょう。

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ

2014年(平成26年)度の社労士試験において、健康保険法が改正されていますの関連ページ

保険医療機関の指定取り消しは?
台風のため自宅待機。休業手当は出る?
解雇特区?解雇権濫用の法理はどこへいった?

トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識