社会保険労務士試験に関係するニュース

今回の台風26号は非常に大型の台風で、各地に被害をもたらしたようです。一刻も早い被害回復をお祈りします。

 

台風接近で操業停止、自宅待機 安全確保へ始業繰り下げも

 

 

 大型の台風26号の接近に備え、企業各社は15日、社員の早退や午後の操業取りやめなどの対応を取った。関東への上陸の恐れがある16日は、工場の操業停止で社員を自宅待機させたり、始業や開店時間を繰り下げたりして安全を確保する。流通大手は16日朝に店舗に商品が確実に届くよう準備を進めた。

 

 飲料大手のサッポロホールディングスは15日、西日本や東海地区の拠点で、所属長の判断によって早退を認める措置を取った。伊藤園は静岡県牧之原市にある静岡相良工場を午後3時半で停止し、夕方以降の操業を取りやめた。

 

47NEWSより引用)

 

Q、台風のため会社が休みになり、自宅待機となった場合、休業手当(労働基準法26条)は支払われるのでしょうか?

 

社会保険労務士試験の勉強をしている方は、検討してみて下さい。

 

休業手当は、平均賃金の100分の60以上支払われます。これがもらえるのともらえないのとでは大違いですね。労働者としては、是非支払って欲しいところです。

 

労基法26条によると、「使用者の責に帰すべき事由」による休業の場合に、使用者に休業手当の支払い義務が生じます。それでは、台風による休業は、「使用者の責に帰すべき事由」による休業なのでしょうか?

 

そもそも休業手当は、労働者の生活保障のために認められるものでしたよね。そこで、生活保障という趣旨に鑑み、一般法たる民法の「使用者の責に帰すべき事由」より広く捉え、休業手当における「使用者の責に帰すべき事由」には、使用者側に起因する経営管理上の障害を含むと理解されています。

 

しかし、不可抗力による場合は、使用者にはどうしようもないことであり、この場合にまで使用者に休業手当を支払わせるのは酷であることから、この場合は「使用者の責に帰すべき事由」には含まれないとされています。

 

そして台風は自然災害であり避けられないことから、台風の影響により休業せざるを得ない場合は一般に不可抗力による場合とされ、「使用者の責に帰すべき事由」にあたらないことから、一般的には休業手当は支払われないということになります。

 

 

・Q、では、仮に休業手当を支払わなければならない場合だったとして、午前中のみ出勤して午後から休業となった場合はどのくらい支払われるでしょうか?

 

・Q、台風ではなく親工場の経営難の影響で下請工場が休業した場合は?

 

・Q、休業手当と休業補償の違いは?

 

などなど、いろいろ想定して考えてみると社会保険労務士試験の勉強になると思います。

 

 

 

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識