社労士独学の、究極の勉強法

いよいよオリジナルテキストを作ります

 

さてラインマーカーやボールペンを買ってきましたよ。それから「ツボ式学習法」で推奨されているテキストと過去問集も。

 

では早速、加工してオリジナルテキストを作っていくことにします。

 

 

どのように加工していくのか、具体的に指示されていますので、その指示に従って加工していきます。

 

 

本当はどのように加工しているのか、画像をお見せしたいところですが…やはりこれはノウハウに関わることなので、お見せできません。残念…

 

おおざっぱに言うと、まずは過去問集を参考にテキストを加工していきます。全部の科目について行うので、1時間や2時間では終わりませんよ。

 

 

 

「ツボ式学習法」には、各科目3〜5時間程度かかると書いてあります。すると10科目あるので、最大50時間!ひえ〜!

 

500時間で合格できるツボ式学習法ですが、そのうちの10分の1をテキスト作成に費やすことになるんですね。

 

この段階でも、まだテキストは未完成です。過去問以外で出題されるところは、またある程度勉強が進んでから追加しますので。

 

 

 

とりあえず早いとこテキストを加工して、勉強体制に入らないと…まあ、加工する過程自体が、すでに勉強になっているんですけどね。

 

しばらくはオリジナルテキスト作成に明け暮れそうです。でもこういやって加工しておくことが、後の勉強に大きな意味を持ってきます。

 

ここをすっ飛ばすと、全くツボ式学習法の威力が発揮できませんから、しっかりとやりましょう。はい、私は自分に言い聞かせてるんですよ。

 

 

 

 

そう、私は今、泣きながら楽しんでオリジナルテキストを作成中です!


 

 

テキスト作成は終わってませんが、次にこのテキストを使った勉強法を説明します。


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識