社労士試験合格に必要なもの(精神編)

「不合格」になる3つの理由。(3)

 

前回の続きです。

 

3回にわたって、「こうすれば不合格になる」という3つの理由をお伝えしています。

 

今回はその3つ目です。

 

 

3つ目は、勉強方法を間違っている、ということです。

 

勉強は、がむしゃらにすればいい、というものではありません。合格率7〜8%の社会保険労務士試験に合格しようというのですから、正しい勉強方法に基づいて勉強しなければ、合格は遠のくばかりです。

 

勉強方法を間違うと、不合格に近づいていく。

 

 

勉強方法については、当サイトでも様々な方法を紹介しています。

 

そして大事なことは、試験一般に通用する方法はもちろんですが、社労士試験に特化した勉強方法に基づいて勉強することです。

 

 

例えば、行政書士試験と社労士試験は合格率を比べると、ほぼ同じような合格率です。

 

しかし、両者は出題内容はもちろんのこと、出題形式も違いますし(行政書士試験には「記述」問題があります)、問題の「質」も異なります。

 

社労士試験は行政書士試験よりも細かい部分を問われますが、その反面、法解釈をするような問題はほとんどありません。

 

またどちらの試験もいわゆる「足切り」がありますが、科目別の足切りがある社労士のほうが断然厳しいです。

 

 

このように、同じような合格率の試験でも、随分内容が異なるのです。したがって、それぞれの試験に対応して、勉強の戦略も異なってくるのです。

 

一見当たり前のことと思うかもしれませんが、その当たり前のことがなかなかできていないのではないでしょうか。

 

社労士試験に合格したいなら、社労士試験に特化した戦略を立てて、勉強して下さい。

 

そうすれば、「不合格」になる理由の3つ目は、クリアできることと思います。

 

このように勉強して下さい

 

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識