社労士試験合格に必要なもの(精神編)

これがあるとないとでは大違い。

社会保険労務士試験に限ったことではありませんが、なぜその試験を受けるのか、どうして自分はその試験に合格したいのか、という動機を明確にして下さい。

 

動機が明確かどうかで、本当に試験結果が変わります。動機は、あなたの心の奥底に輝いている種火です。この種火が燃え続けていないと、エンジンが点火しないのです。

 

 

「どうしても社会保険労務士試験に合格したい!」という強い気持ちがあれば、自ずと合格に必要な情報が引き寄せられますし、あまり苦もなく勉強時間も増えます。知識も砂漠が水を吸うように吸収できることでしょう。

 

 

もちろん、受験を決意したときは、誰でも合格したいという気持ちは強いと思いますが、勉強を続けているといつの間にか惰性でダラダラ勉強していたり、あるいは日々の生活や仕事に追われて、合格したいという気持ちや動機が薄れてしまうことがよくあります。

 

そこで定期的に、合格したい動機を思いだし、合格したいという気持ちを高めて下さい。あなたの中の種火がいつの間にか消えていないか、点検をするのです。

 

 

動機は具体的であればあるほどいいです。あなたはなぜ社会保険労務士試験に合格したいと思ったのですか?この資格を取って何をしようとしているのですか?

 

社労士合格のための精神論。

社労士試験の勉強をするにあたり、どのような心構えが必要か?これを知っているのと知っていないのでは、確実に合格可能性が変わるでしょう。

  ≫詳細ページ

頭を鍛えて合格をたぐり寄せる。

がむしゃらに勉強するだけではダメ。頭の鍛え方、知っていますか?頭を鍛える、記憶力を良くする方法など、脳の働きを良くする観点から様々な情報を提供しています。

≫詳細ページ

勉強する前提としての健康論。

体の不調を抱えながらの勉強では、なかなか勉強に身が入りません。まずは健康な体作りをしましょう。お金をかけずに、こんな方法がありますよ。

≫詳細ページ

社労士の勉強のためのヒント集。

社労士試験の勉強で気を付けるポイントや、意外と知らない勉強法など、たくさんのヒントをちりばめてあります。早速、実践してみますか?

≫詳細ページ

独学者のための社労士勉強法

社労士試験は独学でも大丈夫!今は独学者にとって天国のような環境にあります。だって、あんな勉強方法やこんな勉強方法もあるのですから。

≫詳細ページ

社労士マメ知識

社労士試験に関連する話題などをこちらに集めています。最新情報も。

≫詳細ページ


トップページ 頭を鍛える 目次 ツボ式学習法 社労士勉強のヒント 社労士マメ知識